コンセプト

PLEとは

PLEという概念ですが、皆さんはご存知でしょうか?
Positive Learning Environmentの略で、自己管理学習(Self-directive)を推し進めていくには、会社全体が「肯定的学習環境」になっていなければならないとしています。(Tobin,2000)
「自ら学び考えて行動ができる人財を育てたい!!」 企業内では、このような人財を育てたいと思うことはごく普通のことです。ビジネスシーンは、一問一答で問題解決を行うことができる場ではなく、複雑な状況の中での最適解を求められますから、それは自然なことです。特に昨今、環境変化も激しく不確実性が増大していますので、より「自ら学び考えて行動ができる」という人財が必要となってきています。

PLE(Positive Learning Environment)

PLEとは“Positive Learning Environment”といい、組織内の肯定的な学習環境を指します。 昨今、企業や組織をとりまく環境は、複雑性が増し、変化のスピードも速く不確実性が増大しています。今迄は実行することができる組織作りをしてきた組織も、今、まさに不確実性が増した環境では、競争力を向上するために、組織としての学習力が求められています。PLEはまさに組織としての学習力を向上するための環境といえます。

企業内学習が組織を成長させる

「企業内学習が組織を成長させていく」このことに異論を唱える人はあまりいないのではないでしょうか。
それでは、企業内学習は誰に対して何をどのようにしていけば良いのでしょうか。
その答えはおそらく数えきれないほど、業界によっても、企業によっても、部門によっても、違いがあり、様々あるのが現実です。
しかしながら、どのような方法で教育を行ったとしても社員の皆さんが自ら学ぼうという気持ちにならなければ学習されません。社員の皆さんが業務をしている場面で学習する環境を整えていくことが、ワークプレイスラーニングの基本です。そのためには、学習環境が肯定的であることが極めて重要なのです。

肯定的な学習環境があれば、企業内学習(研修の場面でも実務の場面でも)が促進され、組織の成長に繋がり、そのスパイラルが持続的な競争力の源泉となり、最終的にビジネスゴールの達成に繋がります。

組織の成長はどのようにして起こるのか

学習環境が整い、自ら考えて行動できる状態がチームにできると、個人の学習への意識が強化され個々の行動変容が起こり、自己成長を促し、肯定的なスパイラルになります。人財という視点からは、組織の成長とはこのように起こるものです。それでは、個人の学習への意識が強化される環境とはどのような環境なのか・・・

企業内学習を促進する環境とは

一言でいえば、組織内に個人の成長を促す、個人が職場の中で学習する環境(気づきや振り返りなど)が整えられているか、ということではないでしょうか。以下に、PLE度の低い組織とPLE度の高い組織で生じている事象の違いをまとめました。学習に否定的な環境だと組織が活性化されないのは一目瞭然です。

PLE度の低い組織/PLE度の高い組織

PLE度の高い組織をどのように作り、成果につなげるか

組織で学習するため、自ら学ぶための組織に作り替えていくことです。学びを基本とするアクションを組織内に展開すること、そしてラーニング部門を支えるスタッフの更なる能力開発、現場マネジメントに対する学習支援が必要になると思います。
PLE度を測定する指標は、Tobinが提示しており、その指標を参考にして、私たちは、PLEを整えていくお手伝いもさせていただいています。お気軽にご相談ください。

サンライトヒューマンがご提供できるサービス

参考文献/参考図書

・ Daniel R. Tobin 「All Learning Is Self-Directed」ASTD(2000)
・ 鈴木克明 eLFテキスト(継続支援法:第11章 e-ラーニングと自己管理学習)(2004)
・ Peter M .Senge(著)「学習する組織」英治出版(2011)
・ Shlomo Ben-Hur(著)「企業内学習入門」英治出版(2014)
・ Amy C. Edmondson (著) 「チームが機能するとはどういうことか」英治出版(2015)