サービス

サンライトヒューマンは、仕組みづくり、ヒトづくり、モノづくりをご支援いたします。

効果的・効率的・魅力的な教育を実現するために、インストラクショナルデザインを軸に、マネジメントやITの要素も取り入れ、教育コンサルティング(教育の仕組みづくり)、教育部門、マーケティング部門、営業部門の方々に対するトレーナーズ・トレーニング(教育を支えるヒトづくり)、教育資材、eラーニングコンテンツ作成(教育に活用するモノづくり)など幅広く行っております。

コンサルティング

コンサルティングの基本プロセスとしては、分析、設計、開発、実行(実施)、評価のステップを踏んでいきます。
このプロセスは、「IDとは」でご紹介したインストラクショナルデザインの基本モデルである、ADDIEモデルと同じです。
現状分析の結果から、プロジェクトを立ち上げて大掛かりな仕組みを構築する場合もあります。そのような場合には、プロジェクトの規模・内容に応じて、専門家・実務家などをコーディネートし、プロデューサー兼インストラクショナルデザイナーとして活動します。

また、トレーナーズ・トレーニング実施後、必要に応じて、OJT指導を継続して行い、教育部門のスタッフの方と一緒に、教育プログラム、レッスンプラン、教育資材・テストの作成などを行う場合もあります。

Project Management

製薬企業様での事例

[ポイント1]3つのゴールとギャップ分析

お客さまとの深い対話により、真の課題を人材の視点から探り、「組織の目指すべき姿」につながるビジネスゴールと、人・組織・業務プロセスからなるパフォーマンスゴールを明らかにします。さらに、そのゴールと現状とのギャップを分析し、トータルな教育プランを設計します。

製薬企業様での事例

[ポイント2]成果を導くためのグランドデザイン

「グランドデザイン」を描く際には、ID理論をベースに設計することはもちろんですが、その中でも特に、「ワークプレイスラーニング」という経験学習理論に基づいた「職場での学び」を踏まえた設計が重要です。「持続的に成長する人と組織」を実現していくためには、「職場での学び」を意図的に発展的に創造していくことが大切ですが、その手法やノウハウを提供しインストールいたします。

製薬企業様での事例

[ポイント3]ゴール達成のためのキーパーソンへの支援

パフォーマンスゴールの到達を目指し、「職場での学び」を促進するよう、研修を設計し、職場でのシーンを踏まえてファシリテーションし、研修で学んだことを実践できるように、研修設計者、トレーナー、上司の方々への支援を行います。

サービスメニュー

  • HPI(Human Performance Improvement)
  • インストラクショナルデザイン
  • プロジェクトベースドラーニング
  • マネジャー向け診断・アセスメント
  • 営業向け診断・アセスメント
  • アセスメント設計・評価&分析
  • プロモーションプラン検討
  • 薬剤師に対してのコーチング

ケーススタディ

製薬企業様での事例

ある製薬企業様トレーニング部門へのコンサルティング事例ですが、「今までの研修ではなく、新たに体系的に研修を組み立てていきたい」というニーズが弊社のサービスの発端です。
まずコンサルタントのご契約を3か月間で締結させていただき、最初のニーズを満たすためのご提案を行って参ります。ところがIDを軸としたトレーニングやコンサルティングを実施していくうちに、「自ら学び、考え進んでいく」といった意識が行動に反映され、そこから「新たなニーズ」が生まれてきます。ここが、この事例の肝であり、皆様が弊社とお付き合いいただく中で、課題解決を皆様で行っていくという土壌ができあがったのではないか、と考えております。その後は長いお付きあいをさせていただき、研修全体のプランやその都度環境の変化に対応した形でご支援を続けています。
全体設計やガイドラインの作成など、コンサルタントとして常に皆様の肌感覚をつかめているからこそ可能なサービス事例です。

時代の流れと共に変化をとげている社会人の教育に対する新たな考え方を取り入れ、「教育部門を変革したい!」と考えられている皆様を、 理論とハート!?で最大限バックアップさせて頂きます!